腰くびれ術 内容

|

ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』

ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』
 
 
世間に出回っているウォーキングダイエット方法を試したり、皮膚、筋肉、骨格等の外見的要素から、生活習慣、血液の流れや滞り等、内面的要素も視野に入れ、様々な研究と実践を繰り返してきました。

その研究がみっちり1年を過ぎようとしたとき、わたしは“あること”に気が付いたのです。

その瞬間は「これだ!」と、跳び上がったことを今でも覚えています。

そして、ドキドキしながらも、その“あること”を実際に、痩せられないと悩んでいる方に試して貰いました。

その1週間後。

まずむくみがスッキリして、体のくびれラインが徐々にはっきりとしてきて、引き締まってきたのです。

その人は、体のラインを隠すため お尻を隠す服を買ったり、好きなデザインの服ではなく、体型に合ったデザインを選んでしまうと言う事がなくなりました。

勿論、ジムやジョギング等は一切行っておりません。

つまり、事実上不可能とされていたきつい食事療法を一切行わずにキレイな体のラインを作ることができたのです。

通常、くびれを手に入れる為には、“エステ”等に行って、人の手や機械が必要というのが一般的です。

しかし、この方法は一切お金をかけずに、体のくびれラインを作る事はできます。

そして、この方法の素晴らしい所はまだあります。

自分で行うことが出来るのにもかかわらず、バストのサイズを変化させずに体のくびれラインを作ることが出来るのです。

「急激なダイエットの効果ってどうなの?」と思うかもしれませんね。

そこでダイエット法で代表的な方法を二つお話しますね。

腰くびれ術

ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』

一つ目は、比較的手軽に行うことが出来る食事療法です。

とにかく必死になって食事を制限します。

しかしこの方法は、決して体にはよくない方法で、偏った栄養しかとれず体に入ってきた栄養はどんどん体脂肪に変化してしまいます。

カロリーを減らすことばかり考えていると、大切なカルシウムやビタミンも不足してしまいます。

カルシウムが減ると、骨もスカスカになり骨折の危険もあります。

残念ながら、貴方に合わない間違った方法で急激な食事療法を行っても、肌のつやがなくなり皮だけがたるんだ状態になってしまう可能性が高いです。

更に、貧血や倦怠感等の体の不調を助長させてしまう方も大勢いらっしゃいます。

これは、体の20%にあたるたんぱく質が不足し、筋肉量や内臓の働きを低下させホルモンのバランスが崩れてしまっているからです。

たんぱく質が低下する⇒筋肉量が減る⇒基礎代謝が低下⇒痩せない!

この負の連鎖が起こってしまい、皮のたるんだ締まりのない体になってしまうのです。

体重が落ちたとしても、たるんだ体では、見た目?(マイナス)10歳にはなれません!!

腰くびれ術

二つ目は運動療法です。

有酸素運動(ジョギング等)は、脂肪の燃焼させ、筋力・心肺機能を強くします。

筋力をつけることで、代謝をあげて痩せやすくなると言われています。

しかし、よく考えてみて下さい。

元々運動していなかった体に強制的に負荷を与え、体を絞るのです。

その為、膝や腰に負担を与え、美しい体を作る所か、関節炎や腰痛を引き起こし悪化させてしまう可能性があります。

しかも、膝の軟骨がすり減ってしまった場合、二度と元に戻す事は出来ません。

一般的には、1度、若い時は膝の軟骨がすり減る何てないと思われがちです。

しかし、痛みを引き起こすという事に、誰もが不安や心配を覚えてしまうものです。

ましてや、もともと膝や腰が悪い方は、その不安はなおさら大きくなるのでは無いでしょうか?
 
 
>>腰くびれ術公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【腰くびれ術関連サイト】

腰くびれ術 腰くびれ術 腰くびれ術 腰くびれ術 ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』 ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』 ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』 ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』 ポッコリお腹を凹ませる 腰くびれ術ー骨盤底筋ダイエットー